プログラム

参加者の声

座談会:得たものの大きさを振り返る

イノベーション経営カレッジ受講の成果
受講生座談会(3期/4期生)

座談会 2011

プログラム受講後の感想に熱い思いを綴った卒業生は、今なおその思いを抱き続けているのか。2011年12月、年末の多忙ななか、3・4期の卒業生4名にお集まりいただき、その後の変化、抱負などを伺いました。

株式会社ローソン
ITステーション システム企画
シニアマネージャー
糟谷 俊文 氏(3期生)
株式会社ティージー情報ネットワーク
ITソリューション1部 LIVALITプロジェクト
マネージャー
増山 陽平 氏(4期生)
花王株式会社
情報システム部門 GBS部 サプライチェーン
マネジメントグループ 部長
原田 良一 氏(3期生)
株式会社ベネッセコーポレーション
基盤本部 IT戦略部
文教・高校生担当部長
保本 尚宏 氏(4期生)
自分たちの立ち位置を確認した9日間

糟谷 今日はIMCJのプログラムを受講した目的や成果などを振り返るということですので、私は、昨日、受講時に書いたものを見返してみました。それによると、目的は自社グループ外の交流を広げることと自社のIT部門の役割や取り組みの位置づけを確認したいと書いていましたね。振り返ると、この2つの目的は達成されたと思います。

原田 私も、自分たちの仕事の在り方──若手・中堅の育て方や、経営に対してどのような提案ができているのかなど、他の企業と比べてどのポジションにあるのか大変興味がありました。実際に受講してみて、メンバーからいろいろ話も聞けましたし、講師の方々からも本来あるべき位置づけというお話をいただいたので、非常にありがたかった。

増山 私は第一線で活躍されているリーディングカンパニーのトップの方々がどのような思いで、どんな手腕を振るっているのか、そんなお話が聞けるのが楽しみで臨みました。ところが、想定以上の気づきがあって、それは今まで自分は他力本願だったということ。トップにこうしてほしいとか、会社がこうあってほしいとか思っていたのが、受講時にCEOやCIOに問いかけたら、「それはお前がやるんだ」と言われて目から鱗が落ちました。それ以降、上がどうであれ、自分がやりたいことをやればいいんだ、と考え方も行動も変えるきっかけになったと実感しています。

保本 私の場合は、当然だと思っていた社内の価値観を、外部に出て他の価値観に触れ、バランス感覚を矯正・修正したいと思って参加しました。プログラムの内容も、参加メンバーが互いの考えを開示し、意見交換する機会が多く、いろいろな話、価値観を取り込むことができて、当初の狙い通りの価値をいただいたと感じています。

本音で語り合う関係を継続させる

糟谷 当社の場合、流通業界の情報しか入りにくいこともあり、つねに金融業や製造業などの異なる業界でのベンチマークしたいと思っています。それが、プログラムで成功事例やソリューションを目の当たりにすることができ、また、それをどう活かしたらいいかを考えるきっかけができました。今はそれらが手中にあり、いつでも何かに使えるという感じはありますね。

原田 私は、プログラムのときの資料を社内でかなり参考にさせてもらいました。考え方も大変整理されているので、伝えたかったことが伝わりやすい。例えばテストの品質を上げるにしても、自分たちはどのやり方を採るのかとか、また、受け身から攻めへというマインドセットとしても。それ以外にも、本当に参考になるお話や資料が多かったです。

増山 受講の成果と言えば、私は時間の使い方が変わりましたね。いろいろな人と接触する時間を設ける、それもできれば社外の人と。自分だけでなく部下にも、IMCJのネットワークを紹介したり、セッティングしたりして「会ってこい」という具合に、行動するようになった。ある意味、転機になったわけです。

保本 プログラムに自社の課題解決の発表の場もあり、それに対して皆さんから意見もいただいたので、持ち帰ってさらに検討したりしたのですが、私はそれをもう一度発表する機会があるといいと思いますね。自分の価値観やバランス感覚を修正する機会としても。

原田 同窓会や同期会など、事務局でもいろいろやってくださっているけれど、このカレッジの良さは本音で語れるところですよね。

糟谷 このカレッジが、一般的なセミナーと大きく異なるのは、そうそうたる講師陣との距離感だと思います。異質ですよね、逃げられない関係というか(笑)。

保本 人数が少ないというのもありますし。一般的な異業種交流会のようにその場で終わる関係ではなく、その後もずっと長く続く関係という意味では、海外進出企業の日本人会のような感じですかね。「同じ釜の飯を食う」みたいな共感、深い人脈を得ることができるという点など。

原田 その本音の部分を活かした交流の場が、今以上にあるといいですね。

増山 私がやりたいと思っているのが、分科会みたいに、個別の具体的なテーマを設けて集まること。データセンターとか、BCPとか、皆それぞれに関心があるテーマがあり、カレッジに参加した企業で成功事例をもつ企業も多いですよね。

原田 確か半年くらい前にBCPの情報交換会をしようよ、という話がありましたね。

増山 3期の方々で集まられたんですね。それを期をまたいで、できたらいいなと。

企業横断型で提言できる取り組みを

保本 イノベーションといっても、変えることが目的になると逸脱してしまう。割合に日本の企業は、新しい技術が出て、メディアで採り上げられたりすると、右へならえで採り入れたりするけれど、本当はそこにその技術は要らなかったのではないか、といったこともあると思うんですよね。

原田 その意味では、失敗例が聞きたいですね。我々も同じ轍を踏みそうな話もあるでしょうし、どこに意思決定の過ちがあったのか、抑止力として何が足らなかったのか、そういう議論ができれば面白い。

糟谷 少し話が大きくなるのですが、業界横断の標準化など、皆さんと協力してできることがあるような気もします。例えば、何かのマスタが統一化されて提供されれば、加速的に連携できることが増えてくると思いますし。

原田 プログラム受講のときに、糟谷さんにお願いした記憶があります。そこが統一化されれば私たちの業界は非常に助かる(笑)。

糟谷 流通のなかだけではなく、別の業界との連携でもあり得ますよね。このプログラムで講義をされるCEO・CIOの方々は、「日本のITをどうにかしなくては」という思いがとても強かったという印象です。自社という枠を超えて、私たちカレッジの卒業生でもできることがあるのではないか、と。

増山 グローバルな競争のなかで、企業間の連携がない非効率性、改善すべきところなど、統一化によるメリットを中心に議論するとか。

原田 社会的にどういう基盤が必要かといった議論をして、それを皆でつくり、実現させるプロセスがあればもっといいですよね。

保本 我々が横並びで「ぜひやりましょう」と言っても、「上が動かなきゃ」「国が……」みたいな話が必ず出てくるので、このネットワークを縦につなぐものもほしいところですね。

原田 皆でとりまとめて発信すれば、上が動くことも一方ではある気がします。とりあえず、何か形を創ってみることから始めてもいいかもしれませんね。

※本座談会出席者の方々の所属・役職は2011年12月時点のものです。

参加者の上司の声:10年後をリードする存在として(1)

東京ガス株式会社
執行役員 IT活用推進部 部長
久保田 宏明

voice_03

受講生を送り出した企業が、IMCJのプログラムに期待したことは何だったのか。その狙いと、さらに今後、彼らに賭ける思いを上司の立場からお話いただきました。

自分たちが納得できる仕事をするために

ITは「人が全て」ですから、私はIMCJのプログラムも人の質を高める重要な投資だと捉えています。弊社がこれまで送り出した5名は、中堅として今一番活躍し、今後さらにIT部門を担っていくだろうという人材です。そこにおいて期待したのは、対外的な人間関係の広がりと、自分の仕事に対する気づきを得ること。本人や直属の上司に聞いてみて、その成果は充分にあったと感じています。
例えば、新しいことをしようとすると必ず抵抗や壁がありますが、彼らは真面目なのでそれらをまず取り除かなくてはと考える。しかし、イノベーションを実際に遂行してきた方々は、障壁があってもそれを突破して成し遂げられた。得難いお話を聞くことで、「まだやることがある」と感じることができたのではないかと思います。
今後に期待するのは、自分たちの仕事に誇りをもつことでしょうか。自分で考え、感じ、惜しみなく最大限の努力をして満足感と納得できる仕事をする──評価は自分自身のなかにあり、それによってモチベーションを高めるという。仕事は社会に役立つものであり、そのためにプロとしてITを使うようであってほしいですね。

(1・2・4・6期参加企業)

参加者の上司の声:10年後をリードする存在として(2)

株式会社ベネッセコーポレーション
基盤本部 IT戦略部 部長
樋口 康弘

voice_04

受講生を送り出した企業が、IMCJのプログラムに期待したことは何だったのか。その狙いと、さらに今後、彼らに賭ける思いを上司の立場からお話いただきました。

視野を広げてビジネスに貢献してほしい

これまで、私たちIT部門の担当領域としては基幹系が中心で、商品のデジタル化については取り組みが弱い状況でした。商品のデジタル化が高度になるに従って、基幹系とのかかわりが強くなり、基幹系とデジタル商品の連携がスピーディにできないと、競争力が劣ってしまいます。ここの連携を密にすると同時に、これからの商品のデジタル化には、ITの力がより必要になると思っています。
そのためには、IT部門のメンバーはもっとビジネスの近くに入り込んで、事業部門と一体となって意見や思いを積極的に出していく必要があります。そのリーダー育成のための研修として、IMCJに参加させていただきました。
研修内容の良し悪しを測る意味でも、初回は何ごとにも厳しい判断をするメンバーを派遣したのですが、彼の評価がとても高かったので、以降、3期連続で受講生を出しました。皆、刺激になったようですし、何より同期生の一体感が強く、そうした人的ネットワークができたことは、彼らにとって大きな財産になっただろうと思います。こうして飛躍的に広がった視野を、どうビジネスに活かすか。まさにこれからに期待したいですね。

(4・5・6期参加企業)

「部門力」をつけて現場起点の変革を目指したい

JX 日鉱日石エネルギー株式会社 情報システム部 IT 企画グループマネージャー
下屋敷 武 氏(2 期生)

voice_01

研修に参加したのはちょうど統合前の繁忙期で、仕事を離れるのに不安があったのですが、かえって「やらなきゃいけないこと」を離れて、IT 部門として経営戦略へどう貢献するか、と立ち止まって考えるいいきっかけになった気がします。
なにより、IT 部門に対する経営の期待というものを感じたこと。同時に、まだまだやれることがあると勇気づけられたというか。また、イノベーション経営とは、「目の前の問題をどう解決するか」というところからアプローチできること。つまり、つねに起点は現場にあり、その問題解決の動きを、いかに会社の組織風土・体質としていくか。——そうした動きが、結果的にイノベーションを生むと考えるようになりました。
新会社が発足して、システム統合を完遂することは当然として、これからはIT の「部門力」を強化していきたい。効果という観点から、経営にもユーザー部門にも、しっかりモノを言い、自ら仕掛けていく戦略的な組織に脱皮したい、と。
現場起点の問題解決といったとき、IT のなかに業務改善のネタが大量に埋もれているわけです。例えば、どう使われているか、利用頻度、データの鮮度など。それらを徹底的に可視化するところから、まずは着手したいと思っています。

(2010年10月)

事業の方向と情報技術、その両輪を同じスピードで回していく

味の素株式会社 情報企画部 専任部長
土屋 浩一氏(1 期生)

voice_02

「お前、それじゃダメだよ」なんて、気づいていてもなかなか言えないですよね。それが言える、言ってもらえるのは合宿という場でもあるし、皆、同じような直近の経験をもってますから。だから、研修で一緒だったメンバーには、何かあったら聞けるという感じはいつもありますね。
今回の研修でも、他の場面でも、刺激を受けると目線、あるいは物差しが変わる。今までの延長ではいけないとはっきり気づきます。特に我々の仕事は、情報の技術と事業の方向を結びつけるような役割で、今までは技術の進歩を追いかけていれば、結構仕事はできていた。しかし今、事業の変化も激しく、両輪のスピードが速くなって、両方を理解しつつ追いかけなくてはいけない。そのとき、縦軸に各事業、横軸に財務や人事といった組織図で、情報部門は横軸の機能の一つのように言われるけれども、斜め軸、そういうところから見る必要がある。従来、それが経営だったが、我々の仕事もそれに近づいて、一歩先を見ることが重要だと感じます。
我々の業界も、グローバル競争ではシステムでスケールメリットやスピードを追求する必要があります。だからといって、各地域での活動の機敏さを失ってはいけません。両者をいかに融合させるか。それが、今後の課題です。

(2010年10月)

このページの先頭へ