プログラム

「部門力」をつけて現場起点の変革を目指したい

JX 日鉱日石エネルギー株式会社 情報システム部 IT 企画グループマネージャー
下屋敷 武 氏(2 期生)

voice_01

研修に参加したのはちょうど統合前の繁忙期で、仕事を離れるのに不安があったのですが、かえって「やらなきゃいけないこと」を離れて、IT 部門として経営戦略へどう貢献するか、と立ち止まって考えるいいきっかけになった気がします。
なにより、IT 部門に対する経営の期待というものを感じたこと。同時に、まだまだやれることがあると勇気づけられたというか。また、イノベーション経営とは、「目の前の問題をどう解決するか」というところからアプローチできること。つまり、つねに起点は現場にあり、その問題解決の動きを、いかに会社の組織風土・体質としていくか。——そうした動きが、結果的にイノベーションを生むと考えるようになりました。
新会社が発足して、システム統合を完遂することは当然として、これからはIT の「部門力」を強化していきたい。効果という観点から、経営にもユーザー部門にも、しっかりモノを言い、自ら仕掛けていく戦略的な組織に脱皮したい、と。
現場起点の問題解決といったとき、IT のなかに業務改善のネタが大量に埋もれているわけです。例えば、どう使われているか、利用頻度、データの鮮度など。それらを徹底的に可視化するところから、まずは着手したいと思っています。

(2010年10月)

このページの先頭へ